投稿キャンペーン

山形県遊佐町を視察研修しました。

 平成23年8月1日に山形県遊佐町を訪ね、「少年町長・少年議会公選制度」を視察研修しました。
 久喜市でも合併以前から「子ども議会」を開催していますが、趣旨も目的も異なるものです。研修では、今年度から所管をしている教育委員会から説明をいただき、教育長にも同席をいただきましたた。

以下は、議長に提出した報告内容です。

< 事業のねらい >
 この事業は、平成15年から若者が生き生きと生活していく自立した地域が再生できるようにとの思いから始まった。事業のねらいは三つあり、一つ目は、直接選挙を行うことから学校外で民主主義を体験し社会の構成システムを学ぶところにある。二つ目は、中高生の意見を町政に反映させることによる若者の町政参加を促すこと。三つ目は、この事業にかかわる関係者が、若者の意見に学び、若者が民主主義を学ぶという相互教育の場にしたいということである。

< 選挙と権限 >
 少年町長・議員の選挙権、被選挙権は、遊佐町に在住か通学の中高生全員となっている。選出された者は、任期である半年を通じて自らの政策立案と少年町長の議案審議件をもっている。
 少年町長に立候補して落選した者は、副町長か少年監査として委嘱できることとなっており、委嘱を受けた者は重ねて少年議員の構成員にもなる。一方、少年議員は、10名が選出される。

 少年町長の権限は、少年議会で承認された政策の実現のために遊佐町長に予算要求ができ、交付された政策予算の執行権ももつ。また、少年議会の招集もできる。なお、少年町長が予算執行できる予算は、45万円が用意されているが、これはあくまで少年町長・議会が行う事業のための予算であり、町への提言に伴う予算は、町の各課が予算化している。
 少年議会は、議長及び議長代理を選任する。また、少年町長の議案審議を行う権限をもつ。
 少年監査は、少年議会の付属機関として位置づけられ、予算執行の監査権をもち、少年町長に勧告を行うことができる。

< 事業の流れ >
 この事業を実施する町では、毎年4月に町内プロジェクトチームを設け、高校への協力のお願いと生徒への説明を行っている。5月には、立候補者を受け付けて、町がチラシを配布。6月に選挙を執行している。同月には、第1回の少年議会を開催し、7月から8月は政策討議と第2回少年議会を開催し、遊佐町長に決定した予算要求を行っている。9月からは、少年議会で決まった予算執行の段階に移り、年末には任期が満了になる。

< 選挙の状況 >
 選挙管理の方法は、各学校において、町が定める選挙期間内の1日を投票日として設け、この日にプロジェクトチームが訪問して事務を行っている。また、選挙時には投票と合わせて、町への意見も記入してもらっている。

 これまでの立候補状況は、次の通り。
平成15年度 少年町長3名  少年議員10名
同16年度 少年町長2名  少年議員14人
同17年度 少年町長2名  少年議員 6人
 同18年度 少年町長1名  少年議員 6人
 同19年度 少年町長1名  少年議員 7人
 同20年度 少年町長1名  少年議員 9人
 同21年度 少年町長1名  少年議員 6人
 同22年度 少年町長2名  少年議員 7人
 以上の通りになっており、第3期の平成17年度以降は、少年議員の立候補は低調である。
< 少年町長・議会の各事業 >
 直近である第8期(平成22年度)の少年町長が立案し、議会審議を経て活動・参加した事業は以下の通り。
・少年憲章 夕日コンサート
・海岸美化啓発、清掃活動
・第18回奥の細道鳥海ツーデーマーチ
・日沿道建設促進大会での意見発表
・鳥海山神鹿角切祭への参加
・若者が選ぶ町民花シバザクラ植栽箇所の整備、「秋の花」の選考
・遊佐町のB級グルメづくり
・米~ちゃん絵本「米~ちゃん一家のキメコトバ」発行

< 事業の検証 >
 第1回から今回まで参加した少年議員に対するアンケート調査の結果、21人から回答があり、議員を経験する前には、19人が政治に関心がない(「普通」含める)と回答していたが、議員を経験した後には、16人が「ややある」「非常にある」に回答しており、政治や民主主義の啓発には成果があるようだ。
また、アンケートに回答した19歳以下の14人中13人が20歳になったら投票に行きたいと回答し、14人全員が今後もまちづくりに参加したいと回答しており、町政への参加意識定着に効果があったものと言える。

< 感想 >
 研修では、職員からの説明に加えてDVDの視聴によって少年町長・議会の活動を研修し、一定の成果があるものと確信した。今後は、さらに議員経験者へのアンケート回収率を高めるなど追跡調査を行い、その結果を反映させた事業展開が期待される。



(写真:遊佐町庁舎内で、視察研修中)

■  [PR]

by seisakukaigi | 2011-09-12 09:27 | 政策会議の議会活動報告